セリアの毛糸30個 & ニトリの枕でソファーをイメージチェンジしてみる
スポンサーリンク

10年以上も愛用している3人掛けの白いソファー。

小さなリビングでは場所をとる大物なので、断捨離の候補にもあがったことがあるけれど、座り心地と寝心地の良さに、最終的に手放すことをやめました。

ただ、座面をホジホジするワンズ2号の行いにより、座面には剥がれた箇所もあり。だいぶヨレヨレ感が目立ちます。

張り替え修理をしてくれるお店もあるようだけれど、お値段が数万円・・・

そんな時、セリアでウール100%の毛糸“ほんわかひつじちゃん”を見つけたので、とりあえず編んでカバー的なものを作ろうと思いました。

このシリーズの毛糸は扱いやすいし、暖かいので気に入っています。

 

ニトリの“ポリエステル枕 大判”を背もたれクッションに

ビックリするほど寝相が良くない、ワンズ1号のベットにどうかなぁと思って購入していた、ニトリの“ゆったりサイズ ポリエステルまくら 大判(リディー2 HI)”

背もたれクッションはあった方が良いものか、この大判枕で試してみたところ、包み込まれるようで断然あった方が良い!!

サイズも50㎝×70㎝なので、2つ並べると我が家のソファーに丁度良い・・・

急遽このワンズ1号用の大判枕を背もたれクッションとして使用することにしました。

座面部分は、断捨離した敷布団をリメイクして長座布団にしたものを使用していたので、これに同じ毛糸でカバーを編むことにしました。

 

クッションカバーを編む

表は8号のかぎ針で、ひたすら細編みを編みました。大判枕と同じサイズ(縦)50㎝×(横)70㎝になるように長方形に編みます。

裏は、ウール生地でカバーが入るように作ります。(枕カバーのように、入り口部分が少し重なるように縫い付けます。)

 

座面部分も同じように、ひたすら細編み。裏は同じウール生地でボックスシーツのように作りました。

 

約1ヶ月でやっと完成

3月に入ってすぐに編み始めて、2週間くらいで編めるだろうと思っていたら・・・なんだかんだで予想以上に時間がかかってしまい、約1ヶ月でなんとか完成。

 

before

 

after

 

セリアの毛糸はトータル30個使用しました。

白いソファーにグレーのカバーにしたけれど、グレーが浮いてしまうかな?

来年の冬は白い毛糸で編んでみよう。

 

ウール100%で暖かさは抜群。背もたれクッションのおかげで、背中が暖かくて気持ちが良いです。もう春になってしまいましたが・・・

まだ朝晩は寒い時もあるので、4月いっぱいはウール100%カバーにしておこうと思います。

シェットランド・シープドッグという牧羊犬なので、羊の毛に懐かしさを感じるのか、我が家のワンズ2号も気に入っているようです。

スポンサーリンク
おすすめの記事