理想の夜時間の過ごし方 ホッとゆるむ7つのリスト
スポンサーリンク

 

母が介護施設にお世話になる事になり7月から実家の片付けをして、約5カ月かかってようやく実家の片付けが終わりつつあります。

毎週実家に通って、ゴミ処理場を往復する必要もなくなったので、しばらくお休みしていたブログをまた少しずつ書き綴りたいと思います。

 

情報過多で忙しい私が憧れるミニマルライフ

 

先日、Hulu(フールー)で「森の中の小さな家」という韓国のドキュメンタリー番組があったので視聴しました。
邦題のとおり、森の中の小さな家でミニマルライフの実験をする番組。
電気はソーラー発電ですが、ガスはカセットコンロ、水はタンクに貯めた水で排水もポリタンクにしてしまうという・・・
入浴やトイレはどうしているんだろう?と思いつつ見入ってしまいました。

番組では、幸福推進委員会からメールでミッションが届きます。

・持ってきた荷物の中から本当に必要なもの以外は外の箱にしまう

・ごはんを3時間かけて作って食べる

・目覚ましではなく朝日で起床する

・渓流の音を録音する

 

人工的な音のない、自然のネイチャーサウンドに囲まれた時間を過ごす様子は見ているだけでヒーリング効果抜群です。

いかに現代人の周りは雑音が多く、情報過多なのかが良く分かりました。

 

 

音のない時間を過ごす実験

 

我が家では夜ごはんの時にテレビをつけて、録画していた番組を見ながら食べるというのが定番です。
私は編み物をしながらテレビの音声を聞くというスタイル。
夫はテレビを見ながらソファでウトウトするスタイル。
(そして、「寝るんだったらテレビを消しなさい!!」と怒られるスタイル)

あえて「どうしてもテレビを見たい!!」のではなく「音を聞いている(流している)」だけ。

それならまずはテレビを消して(音をなくして)過ごす実験をしてみようと思いました。

こういう実験をしたいのだけれど・・・と夫に相談すると「面白そうだよね」と興味を持ってくれたので早速実験開始です。

 

 

ホッとゆるむ我が家の7つのリスト

 

テレビを消して音のない時間。

実験の結果、我が家ではホッゆるむためのリストは7つありました。

 

7つのリスト
  • 灯りは間接照明とキャンドルで少し暗く
  • 食事はゆっくり時間をかけて(感想を言ったり)
  • 台所はすぐに片づけてリセット
  • おやつを少しと温かい飲み物
  • ゆっくりとお風呂に入る
  • お互い好きな事をする自分時間(アナログな事)
  • 湯たんぽを入れたベッドで寝る

 

余計な雑音がないせいか、次に何をするか(したいか)がクリアにわかる気がします。
わかるというか・・・気づく・閃くという感じの方がしっくりくるかな。

また、時間の感覚が変わってスピードがゆっくりと流れるように感じます。

スマホも見ない事としたので、自分時間では私は編み物、夫はクロスワードパズルをやっていました。
アナログ万歳!!

 

クロスワードをする夫の横で、たい焼きを狙う可愛い娘

 

 

夫の湯たんぽカバーはサイズが小さくて編み直し・・・

 

 

実験の結果

 

テレビをつけているとあまり会話はないけれど、テレビを消して音がないせいか会話は多くなりました。

例えば
「カレーのスパイス間違えて最初に入れてしまった・・・」とか
「豚肉と大豆がいっぱいでメキシコみたいだな、ポーク&ビーンズ」とか
「前回のビールは生ビールだったけど、今回のは熱処理してなんちゃらかんちゃら・・・」とか

たいした事ではないけれど。

普段は基本的に私が一方的に話す事が多いのに、夫から話しをする事が増えました。
(カレーは夫が作りました。)

 

暮らしにもいろいろな「音」がある事に気付きました。

 

咀嚼音

食器に箸が触れる音

洗い物の水の音

キャンドルのパチッという音

ページをめくる音

ペンを走らせる音

竹の編み棒がこすれる音

いびきになる手前の犬の寝息

 

こんなに幸せな音が溢れているんだなぁとしみじみ思いました。
余計な音は無い方が、幸福度はUPするのかも。

スポンサーリンク
おすすめの記事