ちょっとだけ欲しいハーブ&リボベジ栽培・窓辺の小さなキッチンガーデン
スポンサーリンク

アイスクリームやお菓子の飾りに、少しだけ欲しいミントは水に挿して使っています。

そこで、パセリや万能ねぎも大量に使うわけではないので、次回購入したときは再生して使おうかなと考えています。

調べてみると、大根や人参、ほうれん草やこまつ菜など、いろいろな野菜が再生できることを知りました。

リボベジ=リボーン・ベジタブル。

さみしい窓辺に緑があったら視覚的にも癒されそう。

元気なクレソンは水耕栽培

 

先日購入したクレソン。すでに下の方の節から白い根が出ていました。水辺に自生しているくらいなので、きっと丈夫なハーブなんだろうな。

根が出ているので、葉の部分を使った後の茎を、そのまま水に挿しています。もう少ししたら土に挿そうか迷っていますが、少しの間、水耕栽培で様子を見てみようと思います。

クレソンは少量でもお値段は高めなので、再生で使えたら嬉しい。

 

小松菜は土に挿して再生してみる

小松菜も再生しやすい野菜のよう。ちょうど小松菜を使ったので、根元の部分で再生できるのか実験中。

小松菜やほうれん草など、根元の部分を使う野菜は土に挿した方が良いようです。

空いた豆乳パックに、排水溝ネットをひっかけて、ダイソーの土を入れて小松菜の根元を挿しました。

我が家の場合、ほうれん草より小松菜の方を良く使うので再生できたら、これもまた嬉しい。

 

定番の大根&人参

定番の大根は水を張った容器に入れていたら、どんどん成長しています。

人参はヘタ部分スレスレにカットされていて、茶色に変色していたので、葉っぱは出ないかなと半分諦めていたけれど、翌日には小さい黄緑の点ができて、今は少しだけ葉っぱが出始めています。

野菜の生命エネルギーには感動します。

こんなにパワーの残っていたヘタをコンポストに入れていたなんて、なんだかもったいないことをしたなぁと思いました。

 

窓辺にあると便利なハーブ&野菜

窓辺にもう少しハーブと野菜を増やそうと考えています。

今は、大根・人参・小松菜・クレソン・ミント・サラダほうれん草と、レタスは水耕栽培中。

この他にあったら便利なのは、

・万能ねぎ

・パセリ

・みず菜

・ベビーリーフ

・スプラウト類

少しずつ実験しながら増やしてみようと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事