【おやつ】冷凍しても美味しい!!アトリエタタン風なチーズケーキ♪
スポンサーリンク

 

 

日々の暮らしの中で

ちょっとしたオヤツがあると幸せになります。

 

けれど、市販のオヤツは過剰な包装がゴミになるので、なるべく自分で作ろうと考えています。

 

 

 

簡単に作れて

美味しくて

冷凍もできる

 

そんなレシピを模索中。

 

 

 

チーズケーキは、冷凍しても美味しく食べられるそうです。

 

パウンドケーキやガトーショコラ、チョコレートブラウニーなど・・・

焼き菓子の類は冷凍しておいて、食べたい時に冷蔵庫で自然解凍なんて技があるらしい。

 

本当に冷凍した後で、美味しく食べれるのだろうか?

 

 

 

いつもは、栗原はるみさんのレシピを参考に作るチーズケーキ。

 

今回は前から気になっていた『アトリエタタン』風のチーズケーキを作って実験してみました。

 

 

 

 

使った材料

材料 (パウンド型20㎝)

 

・クリームチーズ 200g(1箱)

・マスカルポーネチーズ 100g(1個)

・サワークリーム 90g(1個)

・玉子  Mサイズ 2個(100g)

・砂糖 60g

・片栗粉 10g

・バニラエッセンス 5滴くらい

 

 

 

クリームチーズは1箱

マスカルポーネチーズは1個

サワークリームも1個

 

少しだけ残っても、使わないで忘れそうだから。

スーパーで購入できる材料を、全部1個ずつの分量で。

 

コーンスターチやバニラビーンズは常備していないので、片栗粉とバニラエッセンスで代用。

 

 

作り方

 

①クリームチーズを小さくカット。

フードプロセッサーでクリーム状にします。

 

②マスカルポーネチーズ、サワークリームを追加。

再度フードプロセッサーでクリーム状にします。

 

③溶き卵と砂糖、片栗粉、バニラエッセンスを追加。

フードプロセッサーで均一に混ざるまで撹拌。

トロトロのクリーム状になります。

 

④オーブンの天板にお湯をはって、生地を入れたパウンド型を置きます。

170°のオーブンで湯せん焼き45分。

 

焼きあがってすぐはふんわりしていたけれど、すぐに縮みました。

 

 

 

つまり作り方は

 

材料をフードプロセッサーに入れて撹拌する

 

だけです。

 

 

しっとりリッチなチーズケーキ

 

 

 

マスカルポーネを使う事で、濃厚でリッチなチーズケーキになりました。

 

フードプロセッサーで良く撹拌したので、キメが細かくて口当たりが柔らか。

 

レモン果汁は入れなかったけれど、ほのかな酸味も。

レモンほど主張しない、おしとやかな酸味はサワークリームの効果かな。

 

湯煎焼きでしっとりした仕上がり。

 

 

本家のモノとは違い、レシピの分量は我が家で作りやすいように変更しているけれど。

 

 

かなり美味しい!!

 

 

自分で作ったおやつで久しぶりに感動~。

 

夫も、『超いいね♪』(≧▽≦)b

 

 

 

そして予想通りの事態。

 

 

『冷凍して、解凍後でも美味しく食べれるか?』という実験だったのに。

 

冷凍する間もなく2日で完食(笑)

 

 

もう1度作って、夫に見つかる前に切り分けて冷凍しておきました(笑)

 

 

 

 

冷凍→解凍の実験結果

 

冷凍したチーズケーキを、朝に冷蔵庫へ入れ自然解凍。

その日の夜のおやつに食べてみました。

 

 

 

結果は・・・

 

やっぱり美味しいーーー!!

 

 

冷凍してもチーズケーキは美味しいという事が分かりました。

 

たまに夫が糖質制限をするので、そんな時のおやつにチーズケーキは良いらしいです。

今後はチーズケーキは時間のある時に作って冷凍しても良いかな。

 

そうそう、次は砂糖を不使用で作ってみようと考えています。

 

 

砂糖の代用とし考えているのは・・・

 

甘酒とか

 

 

デーツとか

 

 

アガベシロップやメープルシロップも良いかな。

 

 

砂糖を使わないおやつもいろいろ研究してみようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事