【おやつ】フレッシュさくらんぼで♪アメリカンなチェリーパイ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山形の姉が送ってくれる超絶に美味しいさくらんぼ。

美味しすぎて食べたら止まらない・・・

去年は、半分デザートで生のまま食べて

残りの半分はシロップにしました。

山形に住む姉が、毎年送ってくれるさくらんぼ「佐藤錦」 この季節のお楽しみです。 真っ赤で艶やかな見た目通り、とってもジューシー。 甘くてついつい食べ過ぎてしまう美味しさ。 ...

さくらんぼは、梅雨の時期にピッタリの食材。

薬膳では、関節のこわばりやむくみ、肌の老化に良い食材とされています。

今年は、このフレッシュなさくらんぼを贅沢に使って、チェリーパイを作りました。

さくらんぼのフィリングを作る

※さくらんぼは2パックを全部使いました。

材料

・さくらんぼ  715g(種を取って2パック分)

・砂糖     178g(さくらんぼの25%)

・レモン汁  大さじ1

・片栗粉   大さじ1

・クランベリー 大さじ3

※甘味が強いさくらんぼなので、クランベリーで酸味が出るかなと思い入れてみました。

作り方

①さくらんぼは種を取ります。

「さくらんぼ 種 取り方」で検索すると簡単な方法がたくさん出てきます。

種取りお手伝い中の夫さん。

②鍋に、種を取ったさくらんぼと砂糖を入れて放置。

普段は甜菜糖がメインだったけれど、今回は白砂糖。

結構な量の砂糖に、少し焦ります(-_-;)

ジャムなどでは4時間程度そのままですが、種を取って実の部分が割れたりしているので、放置時間は2時間にしました。

③中火で15分ほど、アクを取りながら火を入れて。

ずいぶん果汁が出てきます。

粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておきます。

パイを焼く

冷凍のパイシート2枚を使いました。

1枚目パイシートを型に敷いたら、フォークでピケ。

さくらんぼのフィリングをたっぷり詰めます。

小さく切ったバターを散らして。

パイを焼くときは、バターを散らすと美味しくなるように感じます。

バターは購入した時に5㎜くらいにカットして、冷凍で常備してあります。

もう1枚のパイシートは、蓋をするように乗せて。

卵液を塗ったらオーブンへ。

200℃で20分。

温度を下げて、180℃で25分焼きました。

粗熱が取れたら、切りやすいように冷蔵庫へ。

アメリカンなチェリーパイ

アメリカンなチェリーパイのイメージは・・・

うすいパイ生地にフィリングがたっぷりな感じ。

見た目は海外ドラマのチェリーパイっぽい仕上がり。

ただ・・・

毎度の事だけれど、パイ生地のカットが苦手です(T_T)

切り口が残念。

けれど、味はまぁまぁ良い感じ。

フィリングはジャムの作り方を参考にしたけれど、

なかなかサクサクでイメージに近いチェリーパイが出来上がりました。

もう少し酸味が効いていた方が良かったかな。

それとも砂糖を減らした方が良かったのかな。

食べてみると、次の課題が見えてきてワクワクします。

マーサ・スチュワートが作るパイのような、美しい見た目とは程遠いけれど。

美味しいさくらんぼをふんだんに使ったチェリーパイは

なんだかとっても幸せで贅沢な気分になります。

自分で作ると、砂糖がどれだけ使われているのかが目で見て分かるので・・・

私の場合は、確実に食べすぎの防止になるようです。

今日は、数ヶ月に1度の「おやつ作りたいDAY」

チェリーパイの他に

・チーズケーキ

・ガトーショコラ

も作りました。

焼き菓子は冷凍しても本当に美味しく食べれるのか?

という実験中のため作ったおやつ。

また別の機会にレシピをまとめてみたいと思います。