犬の胆汁うっ滞&腎不全のこと
スポンサーリンク

我が家のワンズ1号は、もうすぐ満16歳。

6月の健康診断で実施した採血に異常あり、7月に再検査した結果・・・

腎不全と診断されました。

先生の説明によると、年齢とともに少しずつ腎機能が低下していく「慢性腎不全」になるそうです。

腎不全のステージを調べるため精密検査と、肝機能の数値も思わしくなかったので、腹部エコーも実施。

肝臓は大丈夫そうだけど、胆のうがかなり肥大していると言われました。

若いころからワンズ1号は、ALPの数値が高くて気になっていたけれど、先生の診断は胆汁うっ滞が原因とのこと。

 

服薬生活、始まりました。

まずは、1日1回 夕食後にウルソ50mg×2錠。

・胆道系の疾患

・胆汁うっ滞を伴う肝疾患の利胆

・慢性の肝疾患の肝機能の改善

・コレステロール系胆石を溶かす

医療機関(人間の)のレセプト請求では、「1日の服用量によって病名に気をつける薬剤」と覚えていました。

1.胆汁の流れを良くする。

2.肝臓の血流を増加させることで、肝機能の改善効果。

この他に

3.脂肪の吸収力UPで、消化不良にも良い。

 

先生のお話では、「シェルティは先天的に、脂肪の代謝が得意ではないため、どうしても肝機能の数値が高い子が多い。胆管疾患も多い犬種で、消化不良で嘔吐したりする子もいる。」のだそうです。

たしかに、ワンズ1号はご飯の後に吐いたりしていて「ご飯の量が多いのかな?」と思っていたけれど。

実は、これって胆のうからのサインだったのかも。

「胆汁の流れが良くなくて、ちゃんと消化できないよ!!」と教えてくれていたように思いました。

7月~ウルソの服用を開始してからは、1度も嘔吐はしていないので、フードを腎臓病の療法食に変更したけれど、このお薬の効果もあるのかなと感じています。

その後、「血管を広げる薬」として出されたお薬は、人間でいえばACE阻害剤。

高血圧症の人によく処方されるお薬の部類です。

現在、2種類を試してみて効果を感じた方を継続しようと思い、日々状態を観察中。

 

点滴生活、始まりました。

慢性腎不全については、精密検査の結果7月の段階では「ステージ2」。

 

フードを腎療法食に変えて。

歯磨きガムやオヤツは、サツマイモにして。

こまめに水分を飲ませて。

 

いろいろ工夫したつもりなのに、8月に入ってさらに数値が悪化・・・

しかし、食欲はあり、足腰に力が入らないながらも散歩には行く気マンマン、ゆっくりでも自分で歩ける。

こんな状態なので、先生は「数字だけだと、ステージ3とも言えるけれど、本人の気合?からすると、ステージ2~3の間と考えて良い。」という見解。

 

後、私ができることは何かあるものか相談すると、「点滴を週2~3回くらい実施すると、本人は楽かもしれません。」とのこと。

 

1号の点滴セット。

本日、自宅第1回目の点滴を施行します。

 

点滴は肩甲骨の上あたりに針を入れて、皮下注射の要領で輸液を入れるもの。

ワンズ1号は体重が12kgなので、1回250mlの輸液を使います。

 

最初は通院で点滴をお願いしたけれど、「点滴は練習してもらって、自宅の慣れた布団の上なんかで出来ると犬も安心ですよね。」と言われ、聞いてみると自宅で実施している飼い主さんも多いのだとか。

そこで、夫に病院で練習してもらい、点滴は夫の担当となりました。メデタシ、メデタシ♪

(私は針が刺さっているところを直視すると、意識がなくなります。)

 

余命について

 

点滴後のご機嫌な1号(左)

カメラを持つとキチンと手を揃えて伏せをする2号(右)

 

 

犬の腎不全の場合、余命は後1ヶ月なのか、1年なのか、それ以上なのか。

全く予想ができません。

昨日は元気だったのに、突然急変という話を聞くと不安になるものです。

 

基本的にシェルティは、そんなに寿命が長い部類の犬種ではないらしく、先生も15歳のシェルティは初めてとおっしゃっていました。

一番最初にブリーダーさんから、「この犬の寿命は8歳~長寿で12歳くらいかな。」と言われていたけれど、1号には小さいころから「一緒に20歳の成人式をお祝いしようね。」と話していたので、彼女もそのつもりなんじゃないかな?と思ったりしています。

 

朝の一番エネルギーのある時間に、ゆっくり散歩をして。

食事は、腎臓の療法食を食べて。

カリウムやリンの入っていないお水で水分補給をして。

隣に座って、本を読んだり編み物をしたり。

夜は横に布団を敷いて、手を重ねて一緒に寝て。

 

できることは全部やろう。

残り時間にフォーカスしないで、今一緒の時間を大切にしようと思います。

 

 

ワンズのことを綴った姉妹ブログはこちらです。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事