足湯の量は水深15cm♪足湯で「ぽかぽかデトックス&リラックス」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

真冬日が続く今日この頃。もちろん気温は氷点下・・・

こんな寒い日は動くのも億劫。だから余計に、手や足などの末端部分はもちろん、とにかく全身が冷え冷えします。

今日はのんびりと足湯をしながら本でも読む事にしました。

バケツにお湯を入れて足を温めるだけで簡単に全身ポカポカ&リラックスできます。足湯後は水分が残らないように、しっかり足を拭いてくつ下を履きます。

今回は、私が実践している足湯のやり方をご紹介します。

足湯の準備

バケツ

ホームセンターで購入したアイリスオーヤマのソフトバスケットSSサイズ(容量9L)を使用。

お湯、温度計

最初は温度計で測って、38°~40°くらいになるようにしています。お湯の量は足首がすっぽり隠れる水深15cmを目安にしています。(内くるぶしから指4本分上にあるツボ「三陰交」が隠れるくらい。)

差し湯用のお湯

差し湯用のお湯を水筒に入れてスタンバイ。アラジンのストーブで沸いたお湯をいつも水筒に入れて置いているので、それを使います。

白湯、足ふきタオル

水分補給には白湯を飲んでいます。体の中も温まるしデトックス効果も兼ねて。

お湯の量って気にしていますか?

医療機関で実施する「足浴」というものがあります。

日本看護科学会誌の「足浴の最適な水深の検討」という研究報告の中に、「生理・心理学的に8cm・20cmよりも水深15cmの方が最適であることが示唆された」とありました。

水深を3パターンに分け、「座った状態で15分の足浴を1日おきに実施(湯温41°)」の研究報告。

・水深8cm   三陰交(内くるぶしから指4本分上にあるツボ)をふくまない

・水深15cm 三陰交を含み腓腹筋(ふくらはぎ)を含まない

・水深20cm 腓腹筋を含む

この結果、水深15cmの方が8cm・20cmに比較してリラックス効果が得られ、生理的には3つの水深でほとんど相違がなかったけれど、「深部温」においては、水深15cmの方が8cm・20cmに比較して有意に安定していた。

この事から、水深15cmの方が最適という結論に至った研究報告でした。

この研究報告を参考にして、足湯をする時は水深15cm、三陰交のツボが隠れるくらいを目安のお湯の量にしています。

足湯の効果

・血行促進

・リラックス効果

・冷え性の改善

・むくみの改善

・デトックス効果

この記事にも書いたように、温まる事によって血管が拡張され血液の巡りが良くなる。それによって老廃物が流れていったり、必要な酸素が血液に乗ってすみずみまで運ばれる事で、冷え性やむくみの改善、デトックス効果があるのだと思います。

当初、冷えとりの「冷え」とは、「冷え症」の事だと思っていました。 しかし本を読んでみると、手足が冷たくて・・・という末梢冷え症とは違うらしいという事がわかりました。 私は、平熱35.0°代...

足湯の効果を高めるために実践している事。

雪が降って視覚的にも寒く感じる今日このごろ。 冷えで血行が悪くなる冬は、編み物に最適な季節。 フワフワの毛糸を触っていると気持ち的には暖かいけれど。 実際のところは、...

塩(あら塩などの天然塩)

足湯後のポカポカが継続するように感じるので、塩は必ず入れています。目分量で小さじ2くらい。

アロマオイル

気分によって、アロマオイルをプラスします。部屋中が良い香りに包まれるので、心地よくリラックスできます。

◎ローズマリー・・・特に手足が冷える時

◎セージ・・・喉が痛い時、免疫力アップしたい時

◎グレープフルーツ・・・むくみ、巡りを良くしたい時

アロマオイルはどんどん欲しくなってしまうけれど、今の所は足湯用は3種類。

唐辛子

とにかく全身の冷えが強いと感じる時は、台所から唐辛子を2本を持ってきて入れています。唐辛子の辛味成分「カプサイシン」は水溶性で、外用でも温感刺激作用が優れているため、芯から温まりたい時の私の必須アイテムです。

ちなみに、温シップってジワーっと温まるのですが、温シップにもトウガラシエキスが配合されていたりします。

日本酒

日本酒風呂の効果にあるように、アルコールは経皮的であっても直接作用し、末梢血管を拡張させ、血行を良くするそうです。

果物ではないのに、日本酒にもフルーツ酸が含まれているそうで、ピーリング効果も期待できそう。かかとの古い角質の除去にも良いかなと思い、たまにコップ半分くらい(約100cc)入れてみたりします。

ゴルフボール

お湯の中にゴルフボールを1つ入れて足裏のツボを刺激します。私の使用しているソフトバスケットでは、足を入れてギリギリなので前後にボールを転がしてマッサージはできません。ボールの上に片方の足をのせて、その上に反対の足をのせて、自重でツボを刺激する感じです。

足湯の良い所

洋服を着たままでOKなので気軽にできる所や、ソファに座って本を読みながら、テレビ・スマホを見ながら・・・など、「ながら」でできる所が気に入っています。

今回は本を読みながらでしたが、私の場合30~40分くらい足を入れたままなので、録画した1時間のドラマを見ながらという事もあります。

30~40分経過後はキチンと手の指先まで温まります。

また寝る前に行うと、副交感神経が優位になりグッスリと眠れるようです。

1番寒さを感じるこの時期。足湯の効果をUPするアロマなども試しつつ、日々の習慣にしてみようと思います。

ブログランキング

▼ブログランキングに参加しています。クリックで足あとを残していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
 

▼「あなたの家ではどうしてる?」暮らしのノウハウを紹介する「もの、ごと。」に記事を載せていただいています。

 

シェアする

フォローする