冷えとりの「冷え」は冷え症とは少し違う
スポンサーリンク

当初、冷えとりの「冷え」とは、「冷え症」の事だと思っていました。

しかし本を読んでみると、手足が冷たくて・・・という末梢冷え症とは違うらしいという事がわかりました。

私は、平熱35.0°代という、いわゆる低体温。

冬の寒い季節は、手足の末端が冷えるのは当たり前。

肩こり・頭痛・寝つきが良くないのも体質だから仕方ないと思っていました。

また、夏場など暑い季節に「冷え」を感じる事は少なかったのですが、表面は温かくても体の内部は冷えているという、自覚のない「冷え」もあるそうです。

夏でも、お腹やお尻が冷たい私は内部(内臓)の冷えがあるのかも。

本を読んでみて、自分なりの解釈をまとめてみました。

 

「冷え」とは上半身と下半身の温度差のこと

上半身と下半身では約5~6°の温度差があるそうです。

上半身の温度は36.5°だとしても、下半身の温度は31°前後。

これは、発熱する臓器が上半身にしかないためという理由。

つまり、基礎代謝として熱を出す臓器が上半身にしかないため、どうしても下半身は冷えやすいそうです。

 

「冷え」とは

  • 低体温・末梢の冷えだけをいうのではない
  • 上半身の体温が36.5°前後あったとしても下半身が冷えている
  • 体の表面は温かく感じる(火照る)が、体の芯(内部)が冷えている

このような場合も、冷えとりでは「冷え」があると考えるのだそうです。

 

 

 

 

 

東洋医学の考えに基づいた「気の巡り」

「気」は生命エネルギーの源と考えられている東洋医学では、「気」という言葉を良く聞きます。

健康維持のためには、陰と陽の「気」が滞りなく、クルクルと体を巡る事が大切。

また、

「陰の気」→冷たいところを好む

「陽の気」→温かいところを好む

という性質を持っているため、下半身が冷えていると「陰の気」は足元に、「陽の気」は頭に留まってしまうそうです。

つまり、この状態だと「気」の巡りが滞って病気の原因になると考える。

自然治癒力を活性化するために「冷え」をとる

「冷え」があると血管が収縮して血の巡りが悪くなり、体に必要な酸素や栄養が運ばれなくなります。
そのため老廃物や毒がたまり、この状態が続くと内臓の働きが悪くなり、体調がすぐれなかったり、病気になったりするという考え。
たしかに「冷えは万病のもと」と言われますよね。

免疫力は体温が下がると低下しますが、冷えを防いで体温を上げることで、自分自身が本来持っている自然治癒力を目覚めさせるというのが目的。

 

つまり、巡りを良くして健康に!!という事だと解釈しています。

スポンサーリンク
おすすめの記事